咽頭表在がん

使用スコープ:GIF-1200N、使用システム:EVIS LUCERA ELITE、経鼻挿入




Narrow band image; Well demarcated brownish area with microvascular proliferation 






【追記】極細径内視鏡検査時には病変の口側への進展を把握できていませんでした。手術結果の報告を受けた後に画像を見直すと確かに口側に不明瞭ながら微小血管増生を伴う領域の広がりが記録されていました。拡大機能のついていない極細径内視鏡で病変の広がりを正確に認識するのは困難なのかもしれません。

0コメント

  • 1000 / 1000